読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな見せて平気?こじるり、水着をずらして…

刺激的な写真続々のツイッターが話題

f:id:sousuke621:20170519095338j:plain

タレントの小島瑠璃子
Twitterで大胆な水着ショット
を次々と公開し、話題に
なっている。

ビキニの肩ひもをずらして
日焼けをアピールするもの
などもあり、ファンに
大好評だ。

その親しみやすいキャラクターで、
バラエティー番組の司会など
として活躍中の小島。
グラビアも人気で雑誌にも
頻繁に登場するが、自身の
Twitterでも抜群のスタイルを
たびたび披露し、ファンを
喜ばせている。

news.infoseek.co.jp

深田恭子、幼少期の写真を公開!

ヤンチャすぎると話題に

f:id:sousuke621:20170519094655j:plain

深田が12日、自身のInstagram
を更新。若かりし頃の犯行現場(?)
での写真を公開し話題を集めている。

「小さい頃のアルバムを見ていたら
すごいの出て来ました」のコメント
とともに幼い頃の写真を公開した深田。
クリクリとした瞳と小さな口が
かわいらしい幼少期の写真なのだが、
バックの障子に注目したい。
深田の「えっ……やだ……
やんちゃ過ぎる……」のコメント
からも分かるように障子は無残
にもズタボロ……。
深田にも障子に穴を開けまくる
ヤンチャな時代があったという。
さらに、この何かをやり遂げた
かのような清々しい表情である。
こんなかわいらしい顔を
向けられては許さずには
いられないだろう……。
深田の母親は「障子を張り替える
前だから叱らずに好きにさせて
くれた」とのことで、
ハッシュタグで「#週末は母の日
#ママ寛大な教育ありがとう」
と数十年越しに感謝をつづっている。

news.infoseek.co.jp

柏木由紀、セクシーグラビアオフショットを披露!

「こ、これは……美しい」とファン絶賛

f:id:sousuke621:20170518222248j:plain

AKB48柏木由紀が、自身が
表紙&巻頭グラビアを務める
月刊「EX大衆」でのオフ
ショットを披露している。

18日に更新したTwitterでは、
白い肌と黒い水着のコントラスト
が美しいセクシーショットと
梅の木をバックとした写真4枚が
公開されている。このオフショット
には「待ちに待ったオフショット」
「破壊力ありすぎ」「黒が似合う」
「こ、これは……美しい」
「セクシー過ぎ!!!」など称賛の声が
多数寄せられている。

news.infoseek.co.jp

Hey! Say! JUMP伊野尾慧、山本美月の人生初“パンチラ”に興奮

私、ちゃんとパンツを選んだんで…(笑)

f:id:sousuke621:20170518112535j:plain

映画『ピーチガール』(5月20日公開)
でW主演をつとめる山本美月、伊野尾慧
Hey! Say! JUMP)をはじめ、真剣佑、
永野芽郁らが完成披露試写会に出席。

劇中での胸キュンシーンを問われた
伊野尾は「ももちゃん(山本)は
綺麗で素敵な女性なので、デートの
ひとつひとつにずっとキュンキュン
してました」と答えるも、
ももちゃんのスカートがバッ!
っと捲り上がるシーンがあって、
そこはね同世代の男子は
めっちゃキュンキュンすると
思います!」と声を大にして
コメントし、会場を笑いの渦に。

山本はそれに対し「私、ちゃんと
パンツを選んだんで…(笑)。
初めてパンチラをしました」
と照れながらも告白。
真剣佑はシーンの流れで
「それを僕は目の前で見ていた」
と言って、観客を沸かせていた。

news.infoseek.co.jp

社会学者が読み解く 白石麻衣「写真集」

異例ヒットの背景

f:id:sousuke621:20170518103215j:plain

著書に「アイドル進化論」など
のある社会学者、太田省一氏は
背景をこう読み解く。

「ファンにとって手の届く、
身近な存在というイメージの
アイドルの流れが一段落して、
次の潮流がはじまったのかも
知れませんね。
『アイドルは身近なもの』と
いう流れは、AKB48や
ももクロがその中心を担い、
ここ何年かのアイドルブームが
定着したものです。
その端的な表れがファン投票で
選抜メンバーが決まる
AKB総選挙。ただそうなると
ファンの意思でアイドルの行く末
を左右できるまでになり、
その流れも行き着くところまで
行った感があります。
今回の白石さんの写真集のヒット
にはそんな状況への反動というか、
アイドルが手の届かない憧れの
存在だった時代への回帰が
あるように見えます。
山口百恵らの活躍した頃の
清純派の復権といいますか、
スターの神秘性とか、そういう
ものをアイドルに求める時代が
もう一度巡ってきたようにも
見えるのです」

news.infoseek.co.jp