欅坂46、超速で駆け抜けた1年 

「存在自体がロック」

f:id:sousuke621:20170523192358j:plain

乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾の
アイドルグループとして2016年4月に
デビューした欅坂46
多感な10代の心情を歌ったメッセージ性の
強いデビューシングル『サイレントマジョリティー』
がアイドルファン以外にも幅広く支持され、
初週売り上げは26万枚を突破。
女性アーティストにおけるデビューシングルの
記録を塗り替えてロケットスタートを切った。

そこからグループの勢いは右肩上がりが続き、
2ndシングル『世界には愛しかない』は初週
32万枚を記録。3rdシングル『二人セゾン』は
初週44万枚を売り上げ、デビューから3作連続
オリコン週間シングルランキング初登場1位に。
『二人セゾン』はロングヒットとなり、その後、
累計出荷が50万枚を突破して日本レコード協会
からダブル・プラチナ認定を受けた。
乃木坂46はデビューから約1年5カ月かかった
地点に(6thシングル『ガールズルール』)、
欅坂46はわずか約8カ月で到達した。
16年末の『NHK紅白歌合戦』にはデビュー
約9カ月で初出場を果たし、4thシングル『不協和音』
は初週63万枚のセールス。とどまるところを
知らない欅坂46旋風は、世に大きなインパク
を与えている。

headlines.yahoo.co.jp