乃木坂46、生駒里奈が過去の壮絶なイジメを激白 

スクールカースト底辺だった」

f:id:sousuke621:20170530093807j:plain

生駒里奈(21)といえば、アイドルグループ
乃木坂46」のメンバーであり、かつて
センターとして活躍していたトップアイドルだ。

表向きは華々しい生駒だが、
じつは壮絶なイジメの過去があったという。

■小学校から「闇がはじまった」
28日放送の『チカラウタ』(日本テレビ系)
に出演した生駒は、高校時代はスクール
カーストの底辺で、友達もいなかった
ことを明かした。
小学生のときに、別の学校へ転校した
ことから「闇がはじまった」と語る。
3年生のときからクラスにできはじめた
というスクールカーストの中では
一番最底辺にいたとのこと。
そこからイジメが開始。

イジメはローテーションで標的が
替わっていたようで、「今月は仲良く
されているけど、来月はシカトされる
んだろうな」と、ある意味では冷静に
考えながら日々を過ごしていたという。
また、ある日、生駒が登校すると
ロッカーに入っていた物が床に
散らばっていたことも。
「このままいくと持ち物が全部壊され
ちゃう」と心配した生駒は、それ以来
学校に荷物を置かなくなったとのこと。

news.infoseek.co.jp