オリラジ中田「謝らない」宣言! 

ちょっとの費用で試せるサンプル 「ちょっプル」

鎮火しない松本人志批判…発端は脳科学者“茂木氏発言”

f:id:sousuke621:20170601185008j:plain

お笑いコンビ、オリエンタルラジオ中田敦彦(34)が、大先輩のダウンタウン松本人志(53)をラジオで批判したことが、ネット上で波紋を広げている。中田いわく所属事務所から謝罪するように迫られているが「謝らない」と宣言しているのだ。

注目されているのは、5月28日放送のNHKラジオ第1の「らじらー! サンデー」での中田の発言。松本を暗に批判したかのようなブログの記述に対し、「(事務所の)幹部と社長から僕は『(松本に)謝れ!』と言われている」と明かした上で、「謝らない」と明言したのだ。

なぜ、こんなことになっているのか。事の発端は、脳科学者の茂木健一郎氏が今年2月、日本のお笑いについて「権力者に批評の目を向けた笑いは皆無」「本当に終わっている」などとツイートしたことに始まる。

中田はブログで「茂木賛成派」を表明。「大御所の番組に出演して大御所に面白くないと言われ公開処刑をされてしまいました」とつづり、「大御所にセンスがないとか価値を決められてしょげ返っている様子こそが茂木さんの意見通りだったのに」と指摘したのだ。松本の名前を直接出したわけではなかったが、松本であることは明々白々。

この状況について、中田はラジオで「どういうことになるか楽しみじゃない? あの松本人志さんを批判する吉本の若手、居なかったじゃない? でも俺にとって、このスタンスこそが俺のお笑いなのかなと思った」と語ったのだ。

この発言に、芸人仲間からは心配する声が上がっているという。一方、事務所関係者は「松本が怒っているわけでもなく、一度話してみたらという程度の話を中田がヒートアップさせている」と困惑を隠せない。

news.infoseek.co.jp