西山茉希が“13年奴隷契約”激白!

ディナークルーズなどの豪華ギフトが当たる!

「デビューしてから月給額はまったく変わっていません」

f:id:sousuke621:20170607174018j:plain

衝撃的な告白だ。カリスマモデルで女優の西山茉希(31)が涙ながらに給料の未払いを訴えたというのだ。19歳でデビューして以降、月給額が変わらないという“奴隷契約”だったとも激白している。

6日発売の女性誌「女性自身」が西山のインタビューを掲載。西山は昨年11月、所属事務所に給料の支払いと契約解除を求める内容証明の書類を送付したという。

西山は同誌の直撃に、「2月からお給料を1円もいただいていない」と告白。今年5月にイベントに出演したのが、事務所を通して受けた最後の仕事だったという。

さらに「19歳でデビューして13年間、いただいている月給額はまったく変わっていません」と明かす。その後、第2子を妊娠し、切迫流産の状況で入院中、月給半減の通知を受けたという。弁護士をたてて事務所と交渉するも社長と連絡がつかなくなったとしている。

一方、事務所の社長は同誌に「産休で仕事がなくても給料を払い、車もマネジャーもつけた」と説明。スポーツ報知に対しても、産休中にも50万~60万円を支払い、内容証明が送られたことを機に給料の支払いを止めたと説明している。

西山は2004年にスカウトされてデビュー。「CanCam」の専属モデルとして活躍する一方、映画やドラマ、CM、バラエティー番組にも出演。2013年には俳優、早乙女太一(25)と結婚し、昨年4月に第2子である女児を出産した

news.infoseek.co.jp

羽振りの良い友人の「ヒミツの稼ぎ方」