「おチチを強調したがる」小島瑠璃子

dトラベルならdポイントが貯まる・使える!

15歳当時の完璧ボディにファンも驚き

f:id:sousuke621:20170613101832j:plain

11日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、タレントの小島瑠璃子(23)の秘蔵映像が公開されファンが沸き立っている。

昨年、テレビ出演本数ランキングの女性タレント部門で2位に選出されるなど、芸能界ですでに確固たるポジションを築いている小島。バラドルといったイメージが強いが、デビュー前は「歌手志望だった」そうで、番組では芸能界入りのきっかけとなった『ホリプロスカウトキャラバン』の様子が公開された。

3万人以上の応募者が集まった同オーディションで、ピンクのビキニを身につけてステージの上を闊歩する15歳の小島。ノリノリでピースサインを決めるなど笑顔を弾けさせ、デビュー前とは思えないほどの堂々とした姿を見せていた。特に目をひくのが、豊満な胸としなやかな美脚、キュッと引き締まったくびれの完璧ボディだ。

これを見たネット上のファンからは、「ポテンシャル高すぎ」「このカラダで売れない方がおかしい」「最初からズバ抜けてたんだな」などと驚きの声が続出することになった。

当時は「歌手志望」だったが、それを口にするのは「恥ずかしかった」という小島。事務所に入ると、周囲にはつぶやきシロー(46)やイジリー岡田(52)といったお笑い系の先輩ばかりで、「なんか違うと思って...。よく考えたら(自分には)そこまで歌唱力ないなって」と歌手を諦めたそうだ。小島は4月放送の『おかべろ』(関西テレビ)でも、「私の歌は人の心に届かないレベルだと思って、夢を畳んだんです」と語っている。

歌手を断念したことが影響したのか、小島はデビュー直後から持ち前のボディを生かしてグラビア活動を積極的に展開。今回の番組を見たファンの間では、11年発売のファーストイメージ作品『こじるり×3参上!!!』(イーネット・フロンティア)が取り上げられ、当時と今を見比べて盛り上がる人も多い。

そんなファンの反応を否定するかのような発言をしたのが、小島の事務所の先輩で、彼女とラジオで共演するさまぁ~ずの三村マサカズ(50)だ。

『おしゃれイズム』のVTRに出演した三村は、小島に向かって「おチチを強調したがるが売りはそこじゃない」とコメント。さらに、小島のエピソードトークが「長すぎる」とダメ出しするなど、長年バラエティで活躍する先輩らしいアドバイスを送った。このVTRを見た小島は、以前にも三村から似たような説教を受けたことを明かす。そのとき「ガチで反論」すると、三村の怒りに火をつけてしまい、号泣してしまったそうだ。

その後、交遊関係について聞かれた小島は、同年代ではAKB48大家志津香(25)と仲が良いと話し、先日、ふたりでグアムに行ったことを告白。その流れで現地での水着姿が公開されると、司会の上田晋也(47)は、「これが(三村が)ダメ出ししていた"胸を強調"か」と指摘し、「こっちが照れる」と頬を緩めた。

ちなみに、小島の言う"グアム"は、深夜番組『タビフク。』(TBS系)のロケのこと。放送はすでに終了しているが、その前後に彼女たちはSNSにビキニショットをアップしており、ネット上でも「セクシーすぎる」と大きな反響を呼んだ。

三村の言うように「おチチを強調したがる」かどうかはともかく、小島のファンは「デビュー当時から変わらぬ見事なボディを披露し続けてほしい」と願っているに違いない。

(文=愉快)

news.infoseek.co.jp

ホテル・旅館の宿泊ならdトラベル