木村拓哉が”男気”で動いた?

航空大手10社の空席状況が今すぐ分かる!

SMAP元メンバーの独立騒動で急展開

f:id:sousuke621:20170609092752j:plain

SMAPがグループを解散して以降、それぞれの元メンバーたちの進路についての話題が絶えない。元マネージャーI氏が新しい芸能事務所を設立したという情報も報じられており、9月の契約満了に伴い、元メンバーの今後に注目が集まっている。

各社報道では、中居正広(44)と稲垣吾郎(43)のジャニーズ残留が確定と言われている。また、草なぎ剛(42)と香取慎吾(40)については、当初の予定通りジャニーズの退所が濃厚のようだ。実際に草なぎと香取については事務所退所が間近だと思わせる処遇が見られるという。

「香取は隠し子疑惑に関する報道が、そして草なぎは路上に座り込み涙を流す奇行がそれぞれ週刊誌でキャッチされています。すっかりジャニーズのガードが緩くなり、報道規制が敷かれなくなった形跡でしょう。事務所を離れるとなると、さらに2人に対する報道が集中する可能性も出てくるかもしれません」(芸能関係者)

こうした状況を、ジャニーズに残留するとされている中居・稲垣・木村拓哉(44)の3人は、どのような気持ちで見ているのか。そんな中、解散時には諸悪の根源ともされながらも一歩一歩と俳優の道を歩み出している木村が、何やら慌ただしい動きを見せているという。

「どうやら木村が、退所組がジャニーズを離れた後も、仕事への圧力をかけないでほしいとジャニーズ事務所に対して直談判していると言われています。また、残留する中居と稲垣に対しても騒動におけるペナルティなどを与えないようにと懇願しているとか。木村はSMAP騒動をきっかけに、CMを降板させられるほどのネガティブイメージがついていますが、苦楽をともにしてきたメンバーのことはやはり気にかけている様子。中居が残留を決めたのも、こうした木村の様子を見ての決断だったとも」(前出・関係者)

SMAP騒動において、いち早くジャニーズの残留を表明した木村だが、一部では木村なりの“SMAPの引き上げ”を常に考えていたという。昨年行われたメンバー全員で臨んだ謝罪会見でも、センターにはリーダーの中居ではなく、木村が立っていた。このようなことからも、SMAPのリーダーである中居とは異なるアプローチで、グループのことを考えていたと言えるのかもしれない。

こうした木村の報道の裏側で囁かれるのが、妻である工藤静香(47)の存在だ。木村の行動の裏には工藤の助言があったと囁かれている。

「このまま草なぎと香取が退所し、あからさまに露出が減ってしまえば真っ先に責められるのは木村。工藤は『どうせ何をしても悪者扱いされるなら、自分の思うように動くべき』と話したとか。木村の悪者扱いが加速したとしても、メンバーに対する真摯な思いを訴えることで長い目で見ればどちらにとってもいい結果をもたらすと考えたのでしょう。これまで様々な工藤の助言が取り沙汰されてきたが、今回は賢明な”内助の功”になるのかもしれません」(前同)

明確な動きは未だ発表はされていないが、香取と草なぎが退所という結論に至っても、それぞれのフィールドで自由に活躍できることをファンは祈るばかりだ。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)

news.infoseek.co.jp

世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】