須藤凜々花が真相告白 発言掲載

「ルールで我慢できる恋愛は恋愛じゃない」

f:id:sousuke621:20170622181942j:plain

17日に行われた「第9回AKB48選抜総選挙」で「結婚します!」と“結婚宣言”したNMB48須藤凜々花(20)が21日、都内で会見を行った。現役アイドルの結婚宣言に、芸能界も賛否両論が渦巻くなか、須藤は全てを語った――。

 須藤:まず最初にお話させていただきたいのは、本当に今回の件でたくさんのファンの方、そしてメンバーの皆さん、AKB48グループのスタッフさんや関係者の皆さん、私の仕事だったり、いろんなことに携わってくださってきた関係者の皆さんをお騒がせしてしまったことを大変申し訳なく思っております。私の口からきちんと説明したいと思いまして、このような機会を設けさせていただきました。よろしくお願い致します。

 ――結婚宣言から4日たち、今の心境は

 須藤:自分の口から発表する時に大変いろんな方面をお騒がせしてしまって。発表した後の反応だったり、いろんな媒体で目にしたり、直接連絡を受けたりして。それは自分が言う時にそうなることは分かってても、言いたくて言ったので、どう向き合っていこうかということをいろんな人に相談しながら、結局は自分で考えなきゃいけないので。いっぱい考えていました。

 ――お相手は週刊誌に出た方?

 須藤:はい。

 ――結婚の約束はしている

 須藤:はい。

 ――いつ結婚

 須藤:まだ決まっていません。

 ――年内か

 須藤:決まってません。(結婚の約束は)しました。

 ――プロポーズは

 須藤:今年に入ってから。「卒業したら結婚しよう」と約束をしました。

 ――いつごろから結婚をしようと

 須藤:昨年末です。

 ――出会いは

 須藤:母親の友人で、知り合って

 ――一部でNMBファンと報じられた

 須藤:ファンの方ではないです。

 ――結婚宣言した後、相手からの反応は

 須藤:「気持ちは変わらず…」。「一緒に絶対にすてきな人生を歩んでいこうね」と言われました。

 ――総選挙の場で言うことを相手は知っていた

 須藤:はい。

 ――どうしてあの場を選んだのか

 須藤:絶対に言いたくて…。すごくあの場で言うのは悩んだんですが、絶対に…ファンの方にも自分の口から伝えたくて、あの場を選びました。

 ――選択肢としてはNMB48劇場などもあったと思うが

 須藤:すごく総選挙は特別なイベントで、ファンの方と一緒に作り上げるイベントで。なので、私の個人のことですごく水を差してしまうと思ったんですが、どうしても言いたいと。

 ――熱愛について週刊誌の取材が彼なり運営なりにされていた。総選挙で言わなければ、熱愛が先に報じられた流れだった

 須藤:彼から取材が来たという連絡はあったので、私の方から(運営の)大人の方に相談して。総選挙だから、目立ちたいから言ったわけではなくて。

 ――タイミング的には総選挙しかなかった

 須藤:その場で言わなくても後で言えるとは思うんですけど、でも絶対に(熱愛報道を)スルーだけはしたくなくて。今まで本当に(NMB48としての)活動も、自分の好きな気持ちもどっちも真剣にやってきたので。スルーしたら、どちらもこれまで大切にしてきた2つの感情を不誠実にしてしまうと思ったので。総選挙で発表する形を選びました。

 ――総選挙という場で結婚を発表するほど、彼が好きだった

 須藤:はい。それもですし、ファンの方にちゃんと伝えたい思いもあって。

 ――(恋愛や熱愛を)一番最初に自分の口から言いたかった

 須藤:はい。

 ――総選挙前に熱愛が報じられることは知っていたのか

 須藤:いや、でも、ネットで騒がれているのは知っていて。相手のところにも(取材が)来ていたので。(熱愛を報じられるのが)自分だろうなと思って、大人の人に相談しました。

 ――報道では、お相手は20代半ばの医療関係の仕事をしていると

 須藤:一般の方…。

 ――20代半ば

 須藤:一般の方…。詳しくは言えないです。

 ――イケメンとの報道も

 須藤:そうなんですか…。

 ――今後のグループとしての活動や芸能活動は

 須藤:今の時点では卒業したい、卒業する方向で考えていて。(秋元康プロデューサーから)卒業しないって提案も受けたんですが、卒業することを考えていて。できるなら(卒業したいと)思ってます。

――卒業しないという選択は

 須藤:これから決まるんですが、私はそう(卒業)と思ってます。

 ――選挙のスピーチで結婚宣言した時から、卒業は頭の片隅に決めてたのか。それとも発言後に決めたのか

 須藤:言った時は今後のことは相談するという段階で。でも「卒業してから結婚する」と約束していた。だから卒業する方向で考えていたんですけど、いろいろな提案を受けて。その中でいろいろ考えたんですが…。

 ――卒業はせざるを得ないというか、したいと

 須藤:はい。

 ――2人の間で「結婚するなら卒業」という約束があったから、卒業を決めている

 須藤:はい。

 ――仮にグループを卒業してもタレントとしての活動は

 須藤:う~ん。自分がやりたいことはありますし、夢を持ってここに入ってきたので、その夢は絶対諦めたくないですし、ファンの方もその夢を一緒に追いかけて応援してくださったので。それは絶対に諦めないで。芸能活動に関わらず、どんな形であるかもまだ決まってないんですけど。

 ――その夢とは

 須藤:哲学者になること…。

 ――哲学者になるってことは学者? タレント?

 須藤:いろいろな方法があるので、今はっきり言っちゃうと、今後どうなるか分からないので。

 ――大学に進学は

 須藤:個人的には(考えてます)。

 ――卒業後、芸能活動は排除していない

 須藤:そうですね。どういう形でも。目に見える形で届けられるなら。その選択肢もあるのかなと思います。

 ――芸能界にいてかなう夢もある

 須藤:今までのグループ活動で哲学書を出させていただいたり、そういうこともあったので、そう思います。

 ――グループ活動を辞めることに後悔はなかった

 須藤:このグループは好きだったのですが、アイドル活動に対してよりはNMBの活動、NMBみんなで盛り上げていきたい大事な時期だったので、それに対してはすごく葛藤があって。今までも割り切れなかったのは「好きになったら卒業すればいいじゃないか」と言われるのはその通りなんですけど、絶対に活動を放り投げたくない気持ちも本当で。アイドル人生に悔いはないんですが、NMBに対する思いとか、ファンの方との絆は、そういった面ですごく心残りはあります。

 ――自身の家族も恋人も東京にいる中で、東京に帰りたい気持ちがあって発表ということは

 須藤:それはないです。

 ――メンバーには相談していた? 彼氏の存在とか

 須藤:そんな直接的な話はしてない。

 ――発表してから誰かに話したりは

 須藤:はい。発表した当日にNMBメンバーには宿泊していたホテルで、集まってもらって全員の前で話しました。あとは、次の日の(フォトブックの)撮影で話せる先輩にはあいさつしました。

 ――どんな話を

 須藤:先輩には謝罪です。(NMB)メンバーには自分の思いを全て話しました。今までのこととか全部。

 ――どんな反応だった

 須藤:(壇上の)スピーチで発表したので。メンバーはネタだと思って、ガヤみたいなことを言って盛り上げようとしてくださったけど…。それで叩かれてしまって。本当に誰にも言ってなかったので。本当に申し訳なくて。でも、メンバーは責めたりはなく、全部聞いてくれました。

 ――(NMBで所属するチームキャプテンの)山本彩さんはどんな言葉を。「とりあえず話を聞いてみないと分からない」と言っていたが

 須藤:「自分で決めたなら、その道を進むしかないと思うし、だからちゃんと自分の信念を貫いたんなら、自分の頭で考えて」と。「責任を取りたい」と言ったんですが「考えてきな」と言われました。

 ――メンバーは背中を押してくれた

 須藤:でも、本当にどうしていいのか分からない状態で、メンバーもみんないろんな気持ちがあると思う。どう接していいのか分からないのが一番だと思う。キャプテン(山本彩)もすごく心配してくれたので、全員ともう一度話す機会を持ちたいと思います。

 ――ファンがある程度お金を使って、応援してくれた場が総選挙。ショックを受けたファンもいた

 須藤:本当に本当にすごくアイドル活動をしている中でも、いっぱいアイドルらしくないことをしても、支えてくれた。本当に本当に大好きで、大好きな人たちを傷つけちゃったんですけど、今回のことでことごとく。でも、今までファンの方に接してきた私は、この方たちとはこれからもずっとすごい傷つけて、嫌われても当然のことをしたんですけど、私としては絶対、ここまで応援してくださったことを忘れずに夢を実現させたいと思ってますし、ずっと向き合い続けたい。

 続きはこちらから
↓↓↓

防災士厳選の防災グッズ36点セット