中居正広は“人質”にされた!? 

SMAPメンバー退所の対応で見えてきたジャニーズ事務所の思惑

f:id:sousuke621:20170621093642j:plain

 

SMAPメンバーである香取慎吾稲垣吾郎草なぎ剛の3名が今年9月の契約満了をもってジャニーズ事務所を退所することが発表された。

 この退所報道に際して、事務所の最高責任者であるジャニー喜多川社長が温かいコメントを発表するなど、過去の事例からは考えられないような対応を見せた。しかし、この動きには事務所側の切迫した事情が透けて見えてくると関係者が聞かせてくれた。

「今回、ジャニーさんがコメントを出したのには驚きました。スポーツ新聞などに語ることはあっても、正式なプレスリリースにコメントを載せたのはおそらく初めてだと思います。しかし、裏を返せばそれだけ事務所が追い詰められているということなんです」(テレビ局関係者)

 事務所が追い詰められているとは、どういうことなのか。

SMAP解散騒動ではジャニーズ事務所も相当なバッシングを浴びました。苦情の電話や手紙も相当数にのぼり、それが業績面にもジワジワ響いていたといいます。そのため、退所にあたって、ここでも大人げない対応をすれば、さらなるバッシングは必至。また他のジャニーズタレントにも悪影響を及ぼしますので、今後のことを考えて、あのような丁寧で送り出しになったといわれています」(同)

 たしかに一連のSMAP解散騒動は、ジャニーズ事務所にとって相当なイメージダウンとなったはずだ。そんなダメージを少しでも回復するために、社長自らが異例のコメントまで出したという。

 さらに、今回わざわざ署名入りのコメントとしたのは、あるメッセージが込められていたからだという。

「今回の騒動の元凶はご存じのようにメリー喜多川副社長ですが、誌面など公の場でコメントを出すことを許してしまったのはジャニーさんです。しかし、その結果は最悪なものになりました。そのため、今回、自らコメントを出したのは『今後は自分がしっかり事務所を仕切っていく』という強いメッセージだと考えられているんです。SMAPがいなくなり、今後の事務所運営は今までより厳しくなるのは明らかで、事務所とタレントを守るためにこのような対応になったといわれています」(同)

 たしかに、そのようなメッセージも感じ取ることができる行為といえなくもない。しかし、もっと早く自分自身が前面に出ていればSMAP解散という最悪の事態は免れたともとれるだろう。

 また、残留が決まった木村拓哉中居正広だが、退所濃厚といわれていた中居が残ったことにも業界内にはひとつの見方があるという。

「元SMAPの5人の中で圧倒的にお金を稼いでいたのは中居さんです。そのため、退所する3人が自由に芸能活動を行えるよう約束させる代わりに、自分が事務所に残ったといわれています。通常、ジャニーズを辞めればしばらくは仕事ができないものですが、中居さんがある意味人質となったことで移籍後もスムーズに仕事ができるはずです」(同)

 これが事実なら、ジャニー喜多川社長は事務所を守り、中居正広はリーダーとして元グループメンバーを守ったといえる。この際、元凶には退いてもらい、こうした熱いハートを持った面々に頑張ってほしいものだ。
(文=吉沢ひかる)

news.infoseek.co.jp