関ジャニ錦戸が暴言・挑発で大ブーイング 

「ジャニーさんに言いつける」と告げた相手とは

f:id:sousuke621:20170621093642j:plain

8日から放送される日本テレビ系ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』で主演を務める関ジャニ∞錦戸亮(32)。今でこそ礼儀正しい印象がある錦戸だが、少年時代はかなり生意気だったときもあったよう。

2日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でが明かした過去の失態が明らかに。

■錦戸が絶対に会いたくない人

番組では『絶対に会いたくない人 実名告白SP』を放送。その中で、錦戸が会いたくない人だという、映画『モテキ』や『バクマン。』で知られる大根仁監督とのエピソードが明かされた。

当時14才だった錦戸がとあるドラマの撮影をしていたときのこと。体調が悪いにも関わらず、監督から「気合いを入れて走れ!」とひたすら何度も車を全力で追いかけるシーンを撮らされたという。

■監督に挑発&暴言

何度も走らされたことで、意識が朦朧としてきた錦戸。怒りが込み上げたのか大根監督に向かい、首を切る挑発ポーズをとり、「ジャニーさんに言いつけてやる!」と言い放ったよう。

朦朧としていたため、そのときの記憶はなかったようで、後日スタッフから聞かされたとのこと。このエピソードにスタジオからは「最低」「生意気」というブーイングが。

これを受けた錦戸は「僕も少し大人になったんで、もしどこかで会う機会があれば、精一杯仕事させていただきますので、そのときはよろしくお願いします」とカメラ越しに監督に謝罪した。

■ネット民の反応は…

一連の流れを受け、ネット民からはさまざまな声が。

・監督に首を切る挑発ポーズって、なかなか凄い

・14歳の少年にそれは酷だし、ちょっと笑えない。錦戸さんが今も元気に働いてるからいいけど…

・錦戸くん好きで応援してるけど、首を切るポーズは肯定できないよね。体調不良の少年にそこまでやらせる監督もちょっと酷な気がするし…。本当に、そういうことで命に関わることもあるしね

news.infoseek.co.jp