ハロプロ、ルール違反でこぶし藤井梨央と途中解約

マネジメントを継続することが困難と判断

f:id:sousuke621:20170707103616j:plain

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ、こぶしファクトリーの最年長メンバーでサブリーダーの藤井梨央(18)が、所属事務所との専属マネジメント契約を終了したことが6日、分かった。ハロプロの公式サイトで発表された。

 サイトでは、「突然のご報告となりますが、このたび、こぶしファクトリーのメンバー、藤井梨央との専属マネジメント契約を終了したことをお知らせ致します」と報告した。藤井は今年5月、教師や保育士を目指して学業に専念したいとし、夏に開催されるハロプロの全国ツアーをもって卒業することを発表していたが、異例の途中解約となった。

 サイトでは「藤井本人に関して、ハロー!プロジェクトのルールに反する事案が発覚しました」と明かされ、「改善するように話し合いましたが、その際に取り交わした約束が果たされなかったため、弊社としても責任あるマネジメントを継続することが困難と判断し、あらためて、本人及び親権者と協議した上で、今回の途中解約に至りました」と経緯が説明された。

 既に契約終了したため、夏のツアーを待つことなく、藤井の今後の活動はなくなった。サイトでは「メンバーはこの現実を受けとめ、前を向いて活動していきますので、我々も皆が今回のことを乗り越え、前に進めるようにサポートしてまいります」とつづられている。

【期間限定無料公開】怪しいかどうかは見てから判断!

news.livedoor.com