九州豪雨は日本古来の神々が完全に予言していた!!

「粥占」神事がまたも的中、今年中の「九州大震災」は確定か!?

f:id:sousuke621:20170714093149j:plain

毎年年初に各地の神社で行われ、大きな注目を集める神事「粥占」。今年は、岐阜県の神社と九州の3つの神社で「地震に注意」と警告が出たが、そのうち岐阜県高山市・伊太祁曽(いたきそ)神社の「地震に注意」は、6月25日に起きた長野県南部M5.6、最大震度5強の地震として現実になったのではないかと思われる。

 しかし、残る九州の3つの神社のうち2社の粥占では、実は「地震に注意」のみならず「台風に注意」とも受け取れる結果が出ていたことを指摘しておかなければならない。現在、台風3号に伴う豪雨によって福岡県や佐賀県で大きな被害が出ていることを考えれば、この2社の粥占が的中、さらに大地震が続くと考えることもできそうだ。今回は、九州地方で2017年に起きる災害についてじっくり考えてみたい。

【その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2017/07/post_13808.html


■日本古来の神々が指摘していた台風3号の被害

 今年の粥占について、ここでは九州の2社における結果を簡単に振り返っておこう。

 まず、大学稲荷神社(福岡県久留米市)では、1月21日の「初午祭(はつうまさい)」で公開された粥で、筑紫地区を示す黒カビが少量見られた。そしてこれは、「地震、陥没」「大風」などの災害に注意を要すると解釈された。そう、地震だけでなく「大風」、つまり台風にも注意するようにとしっかり警告されていたのだ。

 次に、海童神社(佐賀県佐賀市)で3月15日に行われた「お粥開き」では、1カ月前に炊かれた粥を開いたとたん、参列者たちから一斉に「あっ……」というため息が漏れた。災いを示す黒や赤のカビがはっきりと出て、台風や地震などの自然災害や火災が起こることを強く暗示する結果が一目瞭然だったのだ。

 このように、今年の粥占で「地震に注意」という結果が出た九州の神社で、同時に「台風に注意」という結果も出ていたことは特筆すべき点だろう。今月4日に上陸し、九州北部に記録的豪雨をもたらした台風3号が、この日本古来の神々が発した予言に対応する出来事だったという解釈には、おそらく多くの読者も同意するはずだ。そうであるならば、まだ現実化していない「地震に注意」にも十分気をつけるべきだ。


■日本を代表するサイキックたちも異変を感じている!

 では、今回の台風3号による豪雨を予見していたサイキックはいるだろうか? まず、日本を代表する世見(予言)者の松原照子氏は、6月9日の「何かおかしい気象」と題したブログ記事で、「降水量も記録更新は避けられないと思ってもいます。随分と前に、よく釣りに出掛けた尾鷲市。何故だか雨が気になります」(ブログ「幸福への近道」)と記していた。そして豪雨の「記録更新」は的中したうえ、ピンポイントで指摘されている三重県尾鷲市は、まさに台風3号が市内を通過していった場所でもある。松原氏は台風3号の進路まで世見していたのかもしれない。

また、予知夢をよく見る女性こと七曜高耶氏も、今回の台風に関係すると思しき興味深い夢を見ている。

 6月30日、七曜氏は自身のブログ「まほろばの蒼き惑星」で、その日に見た夢を記しているのだが、「福岡県(?)」「震度5強(豪雨の後)」という内容だ。これは「福岡県で起きる豪雨の後に、震度5強の地震が襲う」という意味にも解釈できる。

 そして、この夢から1週間を待たずして現実に福岡県は台風に襲われた。ということは、今後福岡県で震度5強の地震が起こる可能性が高いのではないだろうか――? そう考えていた矢先、今月11日になって鹿児島湾で震度5強の地震が発生。これは驚くべき展開だ。七曜氏に話を伺うと、「福岡県で豪雨の後に震度5強の地震が起きるという夢は、(九州の)他県と読み違えていたのかもしれない」としながらも、「福岡県で今後地震が起きるかもしれず、注意が必要」と明かしてくれた。


 さて、最後に粥占の話に戻るが、予言者をはじめとする人間による占いよりも、「神による占い」の方がはるかに現実になるケースが多いことは、筆者の長年にわたる超常現象研究からも、かなりハッキリといえることだ。そのような観点からも、引き続き、今後も九州(特に北部)での大地震に十分警戒していただきたい。

(文=百瀬直也)

news.infoseek.co.jp