突発性難聴で療養中の堂本剛、想像以上に深刻な病状とは

夏フェスも辞退!

f:id:sousuke621:20170803175047j:plain

「病気のことより、本人のメンタルが……」そう語るのは芸能プロ関係者だ。

 左耳の突発性難聴を発症したKinKi Kids堂本剛が、8月と9月に出演予定だった音楽フェスへの出演を、体調不良を理由に辞退した。

 剛がキャンセルしたのは、今月19日に千葉、20日に大阪で開催予定の「SUMMER SONIC2017」と、9月17日に滋賀で行われる「イナズマロックフェス 2017」。両フェスとも公式サイトで「アーティスト本人の強い希望もあり、治療の経過を待って出演の調整を行っておりましたが、ライブを行うまでの回復に至らず、担当医師の判断により、やむを得ず出演を見送らせていただくことになりました」と説明している。

 剛は6月27日に入院し、7月4日に退院。同21日にデビュー20周年ラジオ番組に生出演した際には「ご覧の通り、(左耳は)特に治っていない。あと1週間は爆音禁止」と話していた。

浜崎あゆみさんを筆頭に、突発性難聴に苦しむアーティストは多い。本当に突然襲ってくるため、当人はパニックに陥り、ひどいと心身ともに疲れ果てて、廃人のようになってしまう人もいる。それほど耳の不調というのは全身に影響を及ぼす。剛さんもファンの前では気丈にふるまっているが、相当しんどいと思う」(音楽関係者)

 剛といえば、ジャニーズきっての芸術肌。奇抜なファッションはもとより、作曲、イラスト、カメラなど、多趣味なことで知られる。

 半面、繊細な一面も持ち合わせており「パニック障害とまではいきませんが、突然精神的にウワーッとなって取り乱すことも過去に何度かあった。理由はその時々で違うが、専門医にクスリを処方してもらっていた時期もある」(関係者)という。

 今回の出演辞退でも、剛は楽しみにしていたファンのことを思い、ひどく落ち込んでいるという。

「左耳の調子も芳しくないようだが、事務所が心配しているのは本人に生気がないこと。辞退理由の『体調不良』には、左耳とともにメンタルの問題もある」(芸能記者)

 ファンのためにも、ここは回復に専念してもらいたい。

news.infoseek.co.jp

1日30分で継続して毎月30万円以上儲かる完全マニュアル