最上もが 芸能人の印象をぶっちゃける「ウソつきばっかり」

「みんな不倫」

f:id:sousuke621:20170814103233j:plain

7日深夜放送の「イッテンモノ」(テレビ朝日系)で、アイドルグループ「でんぱ組.inc」の元メンバーでタレントの最上もがが、芸能人に対する印象をぶっちゃけた。

番組では、お笑いコンビの三四郎、千鳥、サンドウィッチマンが、ゲストの最上とのトークで引き出したキーワードを用いて「一点物のオリジナル漫才」を作った。

そのトークの中で、嫌いな男性のタイプを聞かれた最上が「苦手なのが、ウソを平気でつく人」だと明かした。さらに最上は客席に向かって「基本的に芸能人ってウソつきばっかなんですよ」と語りかけたのだ。ほかの出演者から「そんなことはない!」とフォローの声が飛ぶが、最上は「本当に!」と譲らない。

最上によると、芸能人にはオンとオフの差がある人が多いそうで「カメラの回ってるとこだとスゴい喋ってくれるけど、楽屋とかで挨拶すると『あぁ…』みたいな…」と、そっけない返答をされてしまったこともあるのだとか。

この日の共演者については、三四郎・小宮浩信に「壁をバッて作られた」と感じたそう。小宮は「いやいや、ないよないよ!」と否定したが、ほかの出演者たちは「あるある」「わかるわかる」と最上の意見を支持する声をあげて、笑いを誘っていた。

また、芸能人についてほかにも「気になっていること」を尋ねられた最上は「芸能人はみんな不倫してると思っています」とぶっちゃけ発言を放つ。スタジオが騒然とする中、進行役の千鳥・ノブは「もがちゃんイイね!」と絶賛。

「むっちゃ不倫のニュースが多い」「ひとりの女性を愛し続けられる人って、あんまり見たことがない」と辛らつなコメントを続ける最上だったが、当人どうしの問題のため周囲が騒ぎ立てることには否定的な姿勢をみせた。

すると、かつて不倫スキャンダルを経験したノブは「もがちゃんそう!声を大にして言ってほしい!」「もがちゃん素晴らしい!」と再び、最上を絶賛していた。

 

news.livedoor.com