「5億円豪邸」建築中の岡田准一に関ヶ原級ドンデン返しが囁かれるワケ

宮崎あおいとの“愛の巣”

f:id:sousuke621:20170815164445j:plain

8月26日、岡田准一が主役を務める映画「関ヶ原」が、いよいよ公開される。演じるのは天下分け目の関ヶ原で“義”を貫いた戦国武将として、“歴女”の間でも人気の高い石田三成。岡田が演じることで、石田三成の人気もさらに高まるに違いない。そんな中、岡田自身も大勝負に出たと、8月3日発売の「女性セブン」は報じている。

「都内でも有数の閑静な住宅街。土地だけで230坪3億円。家は有名建築家に設計を依頼しているので地上2階地下1階、土地の値段を合わせると、5億円は下らない豪邸を建てるようです。もちろん交際が噂される、宮崎あおいとの“愛の巣”というわけです」(女性誌記者)

 さすがは、今やジャニーズNo.1の大物俳優に相応しい豪邸である。しかし、こんな危惧する声もある。

「ドラマ『タイガー&ドラゴン』(TBS系)での共演がきっかけで、“お泊り愛”が発覚した蒼井優の時も、岡田はマンションを購入。およそ5000万円かけてリフォームしたにもかかわらず、別れを告げられた苦い経験があります。今回はその10倍の金額ですからね」(前出・女性誌記者)

 確かに一世一代の買い物には違いないが、これがいかにも岡田らしいという。

「もともと、岡田の恋愛には勝負がつきもの。1999年に『FRIDAY』によって熱愛が発覚した優香との場合も、FRIDAYの記者に対して“撮られたら僕、(事務所を)クビになって大阪に帰らなきゃいけなくなるんです。そうしたら、(記者を)殺しに行きますよ”と、タンカを切ったと言われています。今回の宮崎あおいとも泥沼不貞の末に、一度は事務所が間に入って別れた経緯があるにもかかわらず復縁。今回も結婚する前に、再び大勝負に出たというわけです」(スポーツ紙デスク)

 大物俳優への道を突き進みつつある岡田。「関ヶ原」の石田三成のような大ドンデン返しにだけは、遭わなければいいが…。

news.infoseek.co.jp