錦織圭、“いわくつき恋人”観月あことのシャレにならない交際事情とは?

占い師も加わり…周囲が心配する“最悪シナリオ”!

男子テニスの錦織圭が右手首のケガで、28日開幕の4大大会今季最終戦など今季の残り試合すべてを欠場することを発表した。錦織は米シンシナティでのウエスタン・サザン・オープンを控えた14日、会場でサーブの練習中に右手首の痛みが再発。MRI検査の結果、右手首の腱の裂傷がみられたという。場合によっては手術の可能性も否定できず、日本テニス界の至宝が選手生命の危機に瀕している。そんななか「おまえのせいだ!」とばかりに集中砲火を浴びているのが、モデルで恋人の観月あこだ。2人の出会いは2014年末。彼女の体を張った猛アタックによって錦織は“陥落”した。

「最初に女性誌でデート現場が報じられた時も、既成事実を作るために、観月さん自身によるリークが疑われた。そういうことを平然とやるのが彼女。いわばプロ女子なんです」とは出版関係者。

 周囲の心配をよそに、錦織は観月にどハマリし、自身のクレジットカードや自宅マンションの合鍵を渡しているという。スポーツ紙記者は「彼女にはアドバイザー的な立場の占い師がおり、一緒に錦織の試合を観戦しているところを目撃されている。錦織もマイケル・チャンコーチではなく、その占い師の“教え”に耳を傾けつつあるというから、シャレにならない」と話す。

 観月が“あげマン”ならばまだ許せるが、彼女と交際後、錦織の成績は右肩下がり。14年9月の全米OPにおいて日本人男子で初めて準優勝に輝き、翌年3月には世界ランク4位にまで上り詰めたが、その後はケガや途中棄権などが相次ぎ、世界ランクは9位にまで後退してしまった。そして今回のケガだ。

「観月は周囲に『できれば来年までに結婚したい』と話しているそうだ。テニス関係者や錦織の父親は猛反対だが、本人はどこ吹く風。錦織も『マスコミはひどい。彼女は悪い子じゃない』とすっかり“心酔”している。今回の長期離脱で彼が冷静になることを望む人もいるが、反対に弱っている時こそ、一気に交際が進展してゴールインといった可能性もある」(同)

 観月は本業を休んでまで錦織と行動を共にするなど、この勝負に人生を賭けている。ある意味、メンタルの強さは錦織も参考にした方がいいかもしれない。

news.infoseek.co.jp